高円寺 美容室 シエスタカーサ タカツグのブログ 

髪はあなたの印象をかえます。 髪が変わればあなたも変わる と信じています   杉並区 高円寺 美容室シエスタカーサで店長をしています。 毎日のサロンでの仕事、カット、パーマ、カラー、  そしてストレートパーマ(縮毛矯正)などの お客様に説明が足りていないことなどをすこしづつ書いていきます。 毎日更新中

今まですみませんでした。

2013.09.24 (Tue)
こんにちわ。
高円寺の美容室シエスタカーサの西沢です。   (oゝд・o)ノ 



今まですみませんでした。



ここ半年急激にお店が忙しくなり、せっかくお電話頂いたのに、予約を受けれないことも多数ございました。
無理に予約を受ける美容院もあるとは思いますが、

無理に受けて、100%の仕事ができるか?そのことを考えると
失望させたくないという気持ちの方が大きいです。



なので、
調子に乗っていると思われたかもしれませんが、
予約は早い人順に入れさせていただきました。

大変申し訳ありません。



ここ一年は
人を集める大変さを実感しました。
年始のブログにも今の就職活動にたいして記事を書きましたが、
間違いだらけの就職活動。

シエスタカーサのような、技術思考でマニアックな美容院にはなかなかスタッフが入っても続かないのでは?
なども言われましたが





そんなシエスタカーサに
島崎さんが入ってくれました。


i_2013092222560991_20130922232834e21.jpg


彼女はとても器用な上、頑張り屋さんなのですぐにお店の中核を担ってくれると思います。
彼女はフェイスブックと講習会で知り合ったので
もともと、もっと深く美容に詳しくなりたいという気持ちの持ち主だったので


シエスタカーサ向き(はーと)








そして
i_2013092223245934.jpg

今シャンプーの練習真っ最中で4月から新卒で入ってくれる町田さんです。
彼女はブログをみて面接に来てくれました。


4月まではアルバイトで週末や祝日に来てくれます。今は美容学生なので
これからという感じです。


二人共SNSでうちのお店を選んでくれました。
若い彼女たちは「若い時」を西沢に賭けてうまくなりたいという気持ちでシエスタカーサに
来てくれたわけです。
この気持を大事に、そしてちゃんとシエスタカーサで習って良かったと思える
教育をしていきたいと思います。









色々至らないところがあるとは思いますが、至らない所は西沢に言ってください。

これから人数が少し増えたので、施術時間短縮、そしてもう少しお客様を担当させていただける
のではないかと思います。


今まで予約が取りづらいと状況が続いて申し訳ありませんでした。

今後共シエスタカーサをよろしくお願いいたします。










SiESTACASAのHP  http://siestacasa.s1.bindsite.jp/

予約電話 03-3314-6877
西沢はご予約がないと担当できませんのでご予約時にご指名ください。

初めてこのブログをご覧になる方、西沢指名でご来店を検討されている方は
シエスタカーサへようこそを御覧ください。



FACEBOOK
SIESTACASAのページ https://www.facebook.com/siestacasa
いいねボタンをお願いします。

お客様はフェイスブックでお友達申請をお願いしております。
http://www.facebook.com/takatsugu.nishizawa
西沢のブログでは載せないプライベートなことなどもチラホラ載せております。



場末のパーマ屋の美容師日記から(ドエス美容師さん)
東京都杉並区高円寺の美容室 シエスタカーサ
ダメージヘア用だと髪が良くなっちゃうような幻想

目指せ、日本初!純国産 へナ hana henna 日記(草仙人さん)
わかりやすい脱洗剤
関連記事

コメント

またきてしまいました。
こんにちは。また中庭さんのところからきました。

ネット美容師さんたちのブログをみて思うのは、業界が全く違うのに自分たちの今の仕事と
似ている、共感できるところがたくさんあるということ。
私の今の職場もたくさんある仕事のなかのあるひとつの部分が特化していて
その部分に力を入れています。おそらく都内でもここまで丁寧にするのは
めずらしいようです。でも私たちにしてみたら、「ここに力を入れなくてどうするのだ!」
という「当たり前」意識なのです。・・・思い込みなんですが。
ですので、力を入れないひとたちを見ると「信じられない」とぷんぷんです^^

きてくれるひとに喜んでもらいたいし、自分にもウソをつきたくない。
質の高い仕事をしたい。何歳になっても成長していたい。

年を重ねるにつれてそういうことが当たり前なのではなく、むしろ恵まれている
立場にいることがわかるようになりました。

ですので、ネット美容師さんたちの仕事ぶりには勇気づけられます。

長々書いてしまいました。ごめんなさい。でもありがとうございます。

Re: またきてしまいました。
Fionaさんへ
こんにちわ
いつもみていただいてありがとうございます。

仕事をなんと捉えるか?で職業観というのが全く違って見えるはずです。

孔子の論語で
これを知る者はこれを好む者に如かず、これを好む者はこれを楽しむ者に如かず

というのがありますが
現代語訳すると
「よく知る人も好む人には勝てない、好む人も楽しむ人には勝てない。」

ということです。
職業はよく知っていれば成立するんです。だから好む者から見ると歯がゆく感じるのかもしれませんね。


Fionaさんは職業への思いがありすぎて…

なのでしょうか
もっと仕事を楽しめれば自然に自分自身が成長できるのではないかと
西沢自身は思っております。

なので、「すべての答えは自分の中にある。」誰から習うことなく自分自身がその職業を楽しんでいたら
きっと自ずと自分がどうすべきか?が見えてくるのではないでしょうか?


偉そうなこと言ってすみません。
Fionaさんはきっとステキな仕事をしているんでしょうね。
ありがとうございました。
西沢さん、ありがとうございます。
西沢さん、見ず知らずの私に本当にありがとうございます。

西沢さんも中庭さんも本当に仕事が好きでたまらないのですよね?きっと。
初めて中庭さんのブログを見たときにそれがわかって茫然としてしまいました。
これはタダモノではないと(笑。それで、このひとには
会いにいかねばと思いましたです。・・・お会いしてみると、本当におもしろいかたでした^^

そして、リンク先がみなさん、仕事大好きなひとたちだったので、ある意味衝撃でした。
西沢さんのおっしゃる通り、仕事の苦しさも含めて楽しんでいる。すごいと思いました。
そこに共感しているのだと思います。

今回私がつい投稿してしまったのは、仕事のノウハウをわからないひとにどう伝えるか、
ということが頭にあったのだと思います。私一人ではもちろん結論を出すことではない
ので、いずれみんなで考えていくと思います。
いくつかの選択肢はあるのですが、楽しさを伝えるという選択もあるのだと
気が付きました!ありがとうございます。
Re: 西沢さん、ありがとうございます。
Fionaさんへ

こんにちは
偉そうなこと言ってしまってすみませn。


西沢は中庭さんとはかなり違いますよ(笑)
美容界きってのぼくとつなキャラですから。
笑える所は全くありません。。。(本当)


後輩の人たちになにを伝えるべきなのか?
それは
「楽しさ」だと思っています。

ちょっと古いですがサッカーの中田はプロの間どうやって相手の裏をかくか?どうやったらサッカーが
うまくなるか?そんなことばかりを考えていたそうです。
そして自分の限界を感じて引退。

そしてしばらくサッカーをせずに「旅?」に出ましたが
そこでアフリカの子供たちとサッカーしたら思い出したそうです。
「ボールをける楽しさ」
そうなんですね。
最初はボールをけるだけで楽しかったんです。
それがいつしか、頭で考えるようになってしまって楽しさがなくなってしまいます。


美容もそうです。
まずは美容をしているだけで楽しいという感覚を育てることだけを
考えていれば
後は自分で勝手にやると思います。自分とは違った形になってもいいんです。
その人なりの美容師で。

そんな風に思っています。

ありがとうございます。
西沢さん。

全然偉そうなんかじゃないです!本当にありがたく感じております。
ありがとうございます。
 
私は西沢さんのブログもとても面白いと感じます。
失礼な言い方になったらすみません。でも、仕事も教えることもとても
上手なかたなのだろうと、そんなふうに思っています。
仕事の哲学のエッセンスを教えていただいている感じなのです。

ところで、私の「教える」問題のその相手ですが、じぶんより10年も20年も
経験が上のひとたちなのです。何年にもわたってわたしたちは、仕事のノウハウを
伝えてきました。でも、相手からは「あなたたちだからできるんでしょう?」
「特別なお金と時間があるんでしょう?」といわれる始末(もちろん違います)。
そして肝心のサービスはいつまでたっても改善、向上しない。

それでもそのひとたちとのつながりは大事だと上司はいいます。横のつながり、という
ことなんだと思います。

私のみたところでは、そのひとたちはたぶんいいひとたちです。いいひとたちだけど
出る杭にならないように、目立たないように、自分の意見はいわないようにしている。
にこにこしているけど、なにをかんがえているのかわかりにくい。

うん、やっぱり自主性がないのですね、きっと。西沢さんのアドバイスを参考に
今度変化球をちょっと投げてみます♪




Re: ありがとうございます。
fionaさんへ

お仕事大変そうですね。
年齢的には先輩なのに、教えることを任されているということは
他の人にはない指導力や人の上に立つ能力があるからではないでしょうか?

だからそのポジションに任命されたのだと思います。
当然上司はお店又は会社を良くしていきたいだけど、特色がある(味がある)スタッフを
まとめ上げるのは大変だと思っていると思います。

「文句があるなら私を指導係にした上司に言ってください」と言う感じでいいのではないでしょうか?

というポーズと

「いやーさすがですね」

というポーズを交互に出していけるようになればいいのではないでしょうか?

西沢は年上の方を雇ったことがないので、いいアドバイス出来ませんね やっぱり。すみません。







がんばります。
西沢さん

うちの上司がすごーーーいひとで、仕事のシェアも上手いひとなので
自然とみんな上がっていくのだと思います。
私も上司の何分の一ぐらいはがんばっております。

今回私は西沢さんから「後輩には仕事の楽しさを教えること」と断言
されて、がーんと思いました。とっても新鮮。いままでこの視点はありませんでした。
これからはこのアドバイスを忘れないようにします。

上下関係は大事だけど、そもそも仕事を覚えるのに先輩も後輩もないとも思います。
今月中旬、そのひとたちに会うのですが、「○○を覚えるのは楽しいです。なぜなら~」
という説明をしようと思います。

またそのときにご報告させてくださいませ。

本当に今回はありがとうございます。心から感謝します。

管理者のみに表示